2012年08月02日

リフォーム現場現地調査

いよいよ夏本番ですね。
空を見上げると、真っ青なキャンパスに真っ白で面白い「雲アート」が
たくさん出てくるようになりました。
できればエアコンの効いた涼しい室内から、流れゆく空の綿菓子を
のんびりと眺めていたいものです。。。

さて、今回は一戸建てのリフォームの依頼がございまして、
現地へ調査に行ってまいりました。
築年数はかなり経過しておりましたが、
とても立派な大きな建物でした。
使用している資材もかなり高級なものだと思われ、
作りもしっかりしておりました。
弊社で建築した物件ではありませんでしたので、
下世話な話、どのくらいの予算か測り知れませんが、
何十年前の建築当時には、相当な金額をかけての
施工だった事が推測されます。

ただ、残念なことに…
最近ではあまり手をかけていらっしゃらなかったのでしょうか…。
雨漏りで壁や天井が変色したり、ベランダが軋んでいたり、
他にもあちこち痛んでいる箇所がございました。。。

…なんともったいない!
(ホント下世話な発言でスミマセン…)

木造住宅は、手をかけているのといないのとでは、
雲泥の差だと思います。
木は気候により伸縮しますので、いくらカッチリ作ったとしても
ある程度の歪みが出てきます。
さらに屋根や外壁などの、資材の耐久年数もあります。
家は永久的に新築当時の性能を保てる、というわけではございません…。
ぜひとも、経年に合わせて家のチェックをして少しづつでも
補修してみて下さい。
そうすれば、家も長持ちして快適にお住まいになれると思います!

※弊社HPにチェック項目・修繕時期など掲載しております。
 参考になれば幸いです。

 【修繕時期リスト】
 ↑こちらをクリック!

今回は真面目な話をしてしまいました(^_^;)
次回は久しぶりに「我が街散策記」でも書いてみようかと思います♪
どの街をご紹介できるか…ご期待下さい黒ハート


posted by seiya-staff at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場より(リフォーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック