2011年07月16日

宮城へ【ちょんまげカット隊】B

松永です。
一昨日・昨日の
「宮城へ【ちょんまげカット隊】@」 
「宮城へ【ちょんまげカット隊】A」

の続きです。


現地には多数の避難所が有ります。
しかし、残念ながら避難所の立地等により
・メディアが来る(テレビ局等)
・物資
・芸能人が来る
のムラがかなり多いとのお話を伺いました。

今回そのことを考慮し、牡鹿半島に行きました。
*牡鹿半島は地図で調べて下さい。

牡鹿半島は
 道路は基本1本(片側1車線)
 道路は落石・落盤・土砂崩れ・隆起などがあり、かなり道が険しくなって居るため、
 満足に物資を供給してもらえていないとの事でした。
確かに、気仙沼の避難所には扇風機が10台あったとしたら、
 牡鹿半島の避難所には2台しか無い。
 もちろん牡鹿半島にはメディアは来ていない。
 ボランティアも来ていないそうです。
気仙沼の避難所はテレビでよく見ていましたが、牡鹿の避難所は始めて見ました。

同じ避難所でムラがあってはならないと思いました。
牡鹿の方々は かき氷が食べたいと言っていました。


牡鹿の子供達への支援の為、小学校にも行きました。
全校生徒で20数名。
小さな学校です。

私たちが子供達とふれあいたいとの申し出に快諾してくれた、校長先生・担任。

2011-07-13 15.08.39.jpg 2011-07-13 15.09.05.jpg

貴重な授業中に少しお時間を頂きました。
そして、用意していたお菓子を配るとみんな目を輝かせていました。

2011-07-13 10.19.58.jpg 2011-07-13 15.05.21.jpg 2011-07-13 15.05.55.jpg

子供と触れあっていく中で、自分も2児の父をしている為か
『強く生きろよ』と何度も心の中で『念じ』にも似たような思いがありました。

津波により児童が亡くなった地域もある様で本当にいたたまれなかった。

各避難所等には 全国からの激励メッセージがあり、一人一人の思いを読んでいると
涙が出そうになるので最後まで読むことのできないものが殆どでした。

2011-07-12 12.03.06.jpg 2011-07-12 12.02.59.jpg 2011-07-13 12.54.11.jpg 2011-07-13 13.10.33.jpg

被災地では
被災者同士が『頑張ろう頑張ろう』と鼓舞しあい、
協力しあい、
全国から暖かいメッセージをもらい、
一日・一日を懸命に生きています。

2011-07-12 11.46.35.jpg 2011-07-12 12.13.52.jpg


最後に
被災地ではまだまだ不自由な生活が強いられています。
 『被災地の為になにかしたい』と思っている方がいましたら、
是非ご支援をして頂ければと 切に願います。

『一人が多く』ではなく『みんなが少しずつ』支援を、これからも続けて行きましょう。

*最後までご覧頂きましてありがとうございました。

2011-07-12 14.16.53.jpg 2011-07-12 16.53.10.jpg



posted by seiya-staff at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃんこ(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

宮城へ【ちょんまげカット隊】A

松永です。
昨日の「宮城へ【ちょんまげカット隊】@」の続きです。


地震から4ヶ月が経過した現在の状況:

〜避難所〜

・仮設住宅が複数あり入居が始まっていましたが一部ではまだまだ避難所(学校の体育館)
 住まいの方も多いようでした。
 *仮設住宅は校庭に設置されていました。

2011-07-12 12.00.30.jpg 2011-07-12 12.02.09.jpg 2011-07-12 16.31.00.jpg

・避難所には虫(特にハエ)が多くハエ取り紙等を使っていました。

2011-07-13 15.22.12.jpg 2011-07-13 15.20.47.jpg

・食料・水は問題無く行き渡っているように感じました。

・お風呂は毎日入れている様です。

・食事は3食(たまに2食)


〜被災地(その他の場所)〜

津波の跡、
瓦礫が山積みだったり、未だ手を着けていない、
傾いた家、船が陸地にあったり、道路が陥没、土砂崩れetc。。
と言った様子で、まだまだ時間が必要だと感じました。

1日目は避難所を3ヶ所廻り
ボランティアカットやマッサージ・物資の搬入を行いました。

2011-07-12 14.42.16.jpg 2011-07-12 15.32.52.jpg 2011-07-12 15.33.12.jpg


〜支援物資〜
(夏なので)

・扇風機
・冷風機
・サンダル
・タオル
・子供用のシャツ
・子供のお菓子
・蚊取り線香
・ベープマット
・アースジェット
・冷たいジュース
こんなモノが主な支援物資です。
無駄の無いよう、現地避難所と密に連絡を取り合い『本当に必要なモノ』を
現地へ持っていきます。

2011-07-13 15.20.00.jpg 2011-07-13 15.19.35.jpg 2011-07-13 13.20.39.jpg 2011-07-13 13.35.12.jpg

支援物資は各自(個人)がSNS等を駆使しみんなから集めました。

本来、写真に関してはNG・避難所内の撮影などもっとNGなのですが、
現地にみんなから募った支援物資を持っていき、実際に会って手渡しした写真を
撮らせていただき、支援をしてくれた方々が閲覧出来るようにする事で
安心して次の支援に繋がると考えます。
その為、見た・感じた・撮影したモノは確実にみんなに伝えようと思います。

『あなたの支援が被災地に届きました』と。
これが一番大切だと思います。

《つづく》
posted by seiya-staff at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃんこ(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

宮城へ【ちょんまげカット隊】@

松永です。
7/12〜13日に気仙沼・牡鹿半島へボランティアに行って来ました。

2011-07-12 11.58.14.jpg

同行させてもらったのはNPO等では無く、私がいつも御世話になっている
『サッカー日本代表サポーター青魂』のメンバーの方々(全12名)とでした。
*不定期ですが何回も行っています。

ボランティアの内容は
・避難所を廻って 支援物資を届ける事と
・ボランティアカットをしに行きました。(有資格者に限る)
・マッサージ
*支援物資と言っても、なんでも持っていくのではなく現地の避難所代表の方と
 密に連絡を取り、本当に必要なモノを教えていただき、現地に行く人間が廻りの人に
 支援を呼びかけて集まった物資を届けると言うスタイルでした。

東京・池袋を11日の23時に出発し 9時間ほど車に揺られ、
片道走行距離750km走破しました。

2011-07-12 07.40.22.jpg

気仙沼到着は8時30分頃、作業は9時から始めました。

2011-07-12 09.03.35.jpg 2011-07-12 09.04.37.jpg 2011-07-12 11.59.47.jpg


カットを終えた方たちはみんな気持ちよさそうでした。

《つづく》
posted by seiya-staff at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃんこ(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする