2011年03月10日

日本一の○○さん

こんにちは!
あたたかくなったり、寒かったりの毎日ですね。
皆様、お変わりございませんか?

この時期は空気が澄んでいるので、通勤路より富士山が良く見えます目
丹沢の山々も良く見えます目

朝の富士さん.JPG

夕方もまたいいハートたち(複数ハート)

夕方の富士さん.JPG

少し前にテレビで富士山特集を観たのですが、富士山は元々4つの山でそれらが噴火を繰り返し、あのような奇跡的な造形になったそうです(素晴らしい!)

富士山の噴火は300年周期と言われていますが、以前噴火した1707年からとっくに300年を超え、今に至っています。
噴火をすれば首都圏一帯に甚大な被害を及ぼし、日本の経済も打撃を受けること間違いなしです。
それはそれは大変なことだと思いますが…
それにも増して私が悲しいのは、爆発の規模によってはあの造形美が失われると思うと…もうやだ〜(悲しい顔)
もしかしたら今の時代にしか見られないあの姿を、今の時代にこそ思う存分堪能しようと思うのです手(チョキ)

…こんな風に考えるのは、伯父の影響かもしれません^^;
伯父は御歳80近いのですが、
「富士子さんとデートしてくる揺れるハート
と言っては夜な夜な出かけ、朝日を浴びる富士山を撮影に出かけていきます。
そして撮影した富士山の写真を、絵文字のたくさん入ったメールで私に送ってきてくれます♪
体が心配ですが、そうして若々しく活動している伯父がとても素敵です^^

富士山も伯父さんも(←おっどんっ(衝撃) 韻を踏んでる!?)、いつまでも、どうかそのままで…。



posted by seiya-staff at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃんこ(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

東京スカイツリーを空から見てきました

塩原です。
今年もあとひと月になってしまいました。
大人になると、一年があっという間ですね。。。(--;)

さて、またまたお仕事の話ではなくてゴメンナサイ。

「限定」「今だけ」などという言葉に弱い私は、
「今しか見られない、建築中のスカイツリーを上空から見るツアー」を見つけ、もう釘付け目
ヘリに乗る(←乗った事がない)という魅力もあり、行ってまいりました!

ヘリ搭乗前、イメージでは[ヘッドフォンをつけ、半身乗り出し](!?)だったのですが、
観光用のためかシートはフッカリ、ヘッドフォンもせず(その代わり窓は空きません)
揺れも限りなく感じない(離着陸も分かりにくい程)、非常に乗り心地が良かったです。


当日は朝から天気が良かったものの、東京の空は異様にガスってまして…もうやだ〜(悲しい顔)
写真も、ガスと西日でほぼ残念なものに…。
空気が澄みわたっていればもっと楽しめたかと思いますが、貴重な体験ができました。

皇居に警視庁.JPG
■皇居。中央下にはよくドラマの空撮などでみられる上からの警視庁。

東京ドーム.JPG
■街の狭間に東京ドーム。

スカイツリー.JPG
■周囲に比べてスカイツリーだけが異様に高い

スカイツリー接近.JPG
■接近!ヘリが旋回した際、下方に望む

スカイツリーとTDL.JPG
■TDL&TDSの奥にかすかに見えるスカイツリー。
 遠くから見ると、遠近感が狂いますたらーっ(汗)

スカイツリーについての概要はメディアでもたくさん取り上げられ、皆さんの知るところかと
思いますので、ここではあまり書きません^^;

が、私がイイ!と思うところは…
下町の職人のような関係者のこだわりです。
・昔の地名「武蔵」からくる語呂合わせである、高さの設定(634m)。
・「雅」と「粋」のライティング。ネーミングと色がツボ。
・塔体の配色。ただの白ではなく藍染技法にならったオリジナルカラー(スカイツリーホワイト)。
・度重なる地震にも耐え現存する五重塔、の構造を最新技術で再現した施工。
等等…
スカイツリー建設に携わる、たくさんの人々の思いが感じられます。

個人的に、私はスカイツリーが建設されている押上にはちょっとした縁がありまして、
昔ながらの街が近代化されることはちょっと淋しい気もするのですが…
必要なことですし街が活性するとあれば、地元の方達も完成を楽しみにしている事と思います。

完工予定は2011年12月。あと1年も経てば完成です!
今度は地上真下から、空へ伸びる天空の塔を堪能したいものです♪

PS
ちなみに、東京スカイツリーを
英語で→TOKYO SKY TREE(そのままですね…)
中国語で→東京天空樹(なんだかカッコイイ…)
と書くらしいです。
posted by seiya-staff at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃんこ(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

日食・・・

塩原です。

22日の日食三日月はご覧になりましたか?
当日はあいにくの天気で、なかなか見ることができなかったと思います。

が!

AM11時12分。
当日、この最大食分の時間を狙って、事務所の外に出てみると…

運の良いことに一瞬、雲に隙間が生まれ、"生"日食を確認することができたんです!
その一瞬をとらえた画像がこちら!

日食.jpg
…はい、チラリズムでよく分かりませんねあせあせ(飛び散る汗)

今度日本で見られるのが26年後、2035年9月2日だそうです。
中部・関東の一部で観測できるそうなので、次回を期待して待ちましょう♪

我が社の最年長、統括部長は「オレは見れるのだろうか…」と呟いていました…。

posted by seiya-staff at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃんこ(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする